医療脱毛とエステ脱毛

医療機関で行う脱毛施術とエステサロンで行う脱毛施術は、根本的に異なります。一番大きな違いは、医師免許を所持しているか否かで、その次は脱毛の効果です。

医療機関ではレーザー脱毛機やニードル(針)脱毛機を使用して施術していますが、エステサロンではレーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器を使って施術しています。レーザーを使用している点では同じですが、出力に大きな差があり、エステサロンで使用しているレーザーなら火傷をするほど出力は上げられません。医療用レーザーは、使用方法を間違うと火傷をする危険性がありますが、永久脱毛をするためには、レーザー事態に余力が必要です。メラニン色素に反応させ毛乳頭を破壊させるのがレーザー脱毛機ですが、最近では、ダイオードレーザーの改良機種(メディオスターNeXT)が出てきて、毛乳頭を破壊する方法ではなく、毛根へのエネルギー源である毛包幹細胞(パルジ)部に働きかけダメージを与える方法がとられています。

医療機関で脱毛施術を行う場合は、出力が大きいため、少し痛みを感じたりしますが、慣れない方は麻酔をしてくれますので、痛みを感じることはありません。また、局所的に豪毛が生えている時は、ニードル(針)脱毛機を使用して脱毛してくれますので、たった1回の施術で永久脱毛となります。エステサロンでは、永久脱毛は不可能だということを覚えておいてください。