医療脱毛とエステ脱毛

医療機関で行う脱毛施術とエステサロンで行う脱毛施術は、根本的に異なります。一番大きな違いは、医師免許を所持しているか否かで、その次は脱毛の効果です。

医療機関ではレーザー脱毛機やニードル(針)脱毛機を使用して施術していますが、エステサロンではレーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器を使って施術しています。レーザーを使用している点では同じですが、出力に大きな差があり、エステサロンで使用しているレーザーなら火傷をするほど出力は上げられません。医療用レーザーは、使用方法を間違うと火傷をする危険性がありますが、永久脱毛をするためには、レーザー事態に余力が必要です。メラニン色素に反応させ毛乳頭を破壊させるのがレーザー脱毛機ですが、最近では、ダイオードレーザーの改良機種(メディオスターNeXT)が出てきて、毛乳頭を破壊する方法ではなく、毛根へのエネルギー源である毛包幹細胞(パルジ)部に働きかけダメージを与える方法がとられています。

医療機関で脱毛施術を行う場合は、出力が大きいため、少し痛みを感じたりしますが、慣れない方は麻酔をしてくれますので、痛みを感じることはありません。また、局所的に豪毛が生えている時は、ニードル(針)脱毛機を使用して脱毛してくれますので、たった1回の施術で永久脱毛となります。エステサロンでは、永久脱毛は不可能だということを覚えておいてください。

医療用レーザー脱毛

医療用レーザー脱毛機は、4種類ありますが、それぞれに特徴があります。また、最新の医療レーザー脱毛器ですが複合機となっていて、エリートMPXやジェントルマックスがあるのです。そして医療用フラッシュ脱毛器もフォトRFやIPLそれにソプラノと言った機種が出てきました。

ルピーレーザーは、脱毛に使用しますが、シミやソバカスそれにホクロ除去にも使用されます。そして、ライトシェア・デュエットは、ダイオードレーザーのパワーアップ版としてでてきましたが、皮膚を吸引しながらレーザーを照射する形式を取っているのです。日本人の肌質や毛質に適していますから、綺麗に仕上がります。次に、アレキサンドライトレーザーですが、シミやソバカスそれにニキビ痕の治療にも使われていて、脱毛時には、毛穴を引き締める効果がありますので、肌がすべすべになった実感を得られます。

参考≪アレキサンドライトレーザー使用の札幌中央クリニック≫

YAGレーザーは、イットリウム、アルミニウム、ガーネットを使用したレーザーで、メラニン色素への反応が弱いのを利用して日焼けしている方にも安心できる脱毛方法です。

クリニックで行う脱毛ですから、疑問に思われることや肌に影響が及んだ場合は、医師に伝えて早めの処理をしてもらってください。

クリニックでの脱毛

脱毛は、クリニックやエステサロンそして一部の美容院が行っていますが、クリニックの場合たいていは、美容系のクリニックに限られています。クリニックでは、レーザー脱毛とニードル脱毛が主流ですが、フラッシュ脱毛も行っていて、状況によって使い分けているようです。

医療用のレーザー脱毛機は、一般の物に比べ出力が高く、今現在使用されているものは、ダイオードレーザー脱毛機とアレキサンドライトレーザー脱毛機それにロングパルスヤグレーザー脱毛機とYAGレーザー脱毛機の4種類となっています。クリニックでレーザー脱毛を行うと、個人差による毛質を見極め照射レベルの調整を行って施術しますので、永久脱毛に近い形で仕上がります。次にニードル(針)脱毛ですが、毛穴にニードルを差し込んで毛母細胞を腐食させ脱毛させるのですが、施術には痛みを感じることもあり、施術後は少し赤みを帯だ状態になるのです。この赤みは、施術ミスではなく、脱毛過程でこのようになります。ニードル(針)脱毛は、古くからおこなわれていた施術方法で、永久脱毛と言えるのは、この方法によるものだけです。

永久脱毛という言葉は、医療機関でしか使えない言葉で、エステサロンなどでは使えませんし、施術そのものも違法行為(医師法第17条)となります。ですからエステサロンでは、永久脱毛という言葉は使用しませんし、レーザーの出力も安全なレベルで照射するのです。もし、エステサロンで肌にトラブルが出たなどの問題が出た場合、エステサロンを法律的に訴えると、エステサロンは業務停止命令が発動され店主は逮捕されます。

脱毛するなら医療脱毛? 詳しく解説!